陰部の黒ずみをレーザーで解消する

陰部の黒ずみの原因とケア方法を徹底究明しました!陰部の黒ずみをレーザーで治療場合どのようなことをするのでしょうか?
MENU

陰部の黒ずみをレーザーで解消する

皮膚科では陰部の黒ずみには、レーザートーニングが使われることが多いです。
レーザーでメラニン色素を破壊し、黒ずみを解消していく方法です。
黒ずみの度合いにもよりますが、5回から10回ほどの施術で満足できるまでになれるようです。

 

レーザーは光を当てるため、痛いのではないか?と心配する人も多いです。
特に陰部は皮膚が薄く、痛みを感じやすい部分。
陰部の脱毛をしたことがある人ならわかるかと思いますが、他の部位より強い痛みを感じやすいです。
レーザートーニングは比較的弱い光を当てるため、痛みはほとんど感じないようです。
レーザー機器は日々進化しており、最新機器になるほど痛みは軽減されています。
古いレーザー機器を使っている皮膚科だと、痛いと感じてしまう可能性はあるかもしれませんね。

 

陰部の黒ずみはレーザーでキレイになったら、一生そのまま…というものではありません。
日常的にケアをしないと、また黒ずみをくり返してしまいます。
保湿クリームなどで、毎日ケアをすることが大切です。

このページの先頭へ